September 05, 2006

レレレのレー

大家家業もサラリーマン大家となると.....

共用部分の掃除、補修部分も自分でやって経費節約。

室内の塗装や改良も基本的には自分で行う。

ここに費用がかかるとリーマン給与から持ち出しに....

Photo

自分で出来ることは自分でやる。

せっかくの休みもモップ片手に

「レレレのレー お出かけですかぁ~」

なのである。

| Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2006

空室情報

[Get Garage]カテゴリーで真っ先に書くべき内容だった。

Tspace 空室情報

ガレージ付き物件でなく、屋上付きペントハウス物件。

大家業始めて2年。初めての退室で、次の借り手が見つ
かるまでの焦り、イライラ、段取り等々色々と振り回される。

募集中です

僕経由で決まれば少し入居条件考慮しますよ〜

| Comments (2) | TrackBack (0)

October 17, 2005

Garage Life9

(Garage Life8から続く)

敷地狭くてということになると高層になるわけです。
私の好きな町にNYがあります。高層といってもManhattanのような
物ではないですが、土地の狭いところに見る建物には独特な印象
があります。さすがに中階段はあるでしょうが、非常用の外階段を
見かけることが多いです。映画のシーンでも見かけますよね。

左2枚の写真は、Manhattanを出てQueens方面の街で撮影したもの
です。共同住宅として中階段で高級感を出すつもりでしたが、コスト、
スペースの問題で外階段とした時、こんなイメージが実現できるなら
素敵なものになるという確信を得ました。(右施工状態)

(Garage Life10へ続く)

ny1x

ny2x

nymax

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2005

Garage Life8

(Garage Life7から続く)

ガレージ建築資金については色々と考えながらプランというか妄想(笑)は進むわけ
ですが、建築費用に関しては、ある程度のシュミレーションをしただけで土地が決ま
らないと話が具体的になりません。結局、坪単価である程度の判断はしていたもの
の、土地が決まってから詳細を詰めていくとどんどんコストアップしていくことになりま
す。最終的には想定価格の50%強も増に。見積もり甘すぎましたTT。

デザインとして妥協出来ない部分とこれ以上金が出せない悲しさとダブルバインド
状態が完成後まで続いたのは言う迄もない事でした。

でもデザインは重要です。付加価値のある建物であることを考えてみても重要でした。
そこで少しデザインのイメージについても書こうと思います。

Garage建築に際してデザインイメージを固めておく必要があります。
広い土地にアーリーアメリカンなビルトインガレージをイメージしてましたが自分の中
には、色々なイメージが渦まいています。部屋ごとにコンセプトが違うというのもあり
だと思います。最終的には自宅込みではなくなったのでデザインのイメージは絞り込
みましたが、実際のガレージ内は結構メチャメチャ(笑)かもです。

でもアメリカ好きな僕としては、アメリカに旅行する中で見られるモチーフをガレージ
に実現しようと思っていました。
下の写真は、LAのサンタモニカで見かけた住宅です。広い敷地ではなく道路も狭い
(といいても広い)路地を入っていく感じです。実際は、ガレージ前にスペースがある等
スケールが違うのですがアメリカにもこういうガレージがあります。ディテールは新しく
ないですが、モダンなたたずまいです。マリナデルレイの北側です。
こんなシンプルでモダンなガレージがアメリカにもあるのか...と結構気に入りました。

(Garage Life9へ続く)

LaC00036

LaC00037

| Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2005

Garage Life7

(Garage Life6から続く)

あんまり負債、負債って自宅を構えて自分のサラリーから返済している人達を
敵に回すつもりはないのです。最近の低金利で支払いが今までの家賃並とい
う事であれば全然、負債感はないし生活を圧迫するわけではないですからね。
借金はしないに越した事はないわけで、自分のプランニングの通りに物事進め
ば負債にならないけど自分の借金も実質的には負債には変わらないんですよ。
そこを考え出すと眠れない事になっちゃうわけです。でも自分は昔から 物欲の
為に金の貯められない人なのです。車持ってると色々お金かけたくなっちゃうし。

考え始めたのがバブルの頃からだから10年以上かかってしまいましたが....その
間に励まされた本の1つは金持ち父さんシリーズです。一読をお奨めします。

(Garage Life8へ続く)

| Comments (2) | TrackBack (0)

October 04, 2005

Garage Life6

(Garage Life5から続く)
「駐車場収入でローン返済」ということは、結局自分の収入から支出を減らし、
土地/建物といった現金では手が出ないモノの借金を負債にしないという事
です。そこから単に自分の家を買うということは、「単なる負債」というイメージ
が強くなってくるわけです。何もお金を生んでくれない「マイホーム」に何千万
も借金するのはナンセンスだと思いはじめるわけです。ワンルームマンション
経営の営業マンが僕に言った言葉で今でも覚えているのは、「マイホーム買
うのに借金しちゃったらワンルーム購入時に融資が受けにくくなりますよ。マ
イホームは最後にしないと。」が一つ目です。たしかにマイホームは単なる
負債なので借金があれば投資用の借金がしにくくなってくるのだろうな。とい
う理解です。別に銀行に確認したわけではないのであしからず。そして挑戦的
でもあったもう1つの言葉にこんなものがありました。一応マンション経営への
同意を示した上でガレージ付マンションだの、これからのマンションはデザイン
性、付加価値が重要だの大きな事を言うだけ言いい、税金だの説明を聞くだけ
で結局「ワンルームマンション購入」を渋った事に対しての捨て台詞でした。
「きっとあなたは、色々考えているけど何もやらないでしょうね」屈辱的な言葉
でした。営業の最終手段としては、この言葉をきっかけに自分の物件を買わせ
たかったのか、単なる捨て台詞だったのか分かりませんが、ガレージ付物件を
手に入れた今となってみれば、その営業マンに会いたい位です。

ということもあり、ますます負債を抱えないガレージ取得作戦への実現化の意思
が強くなったわけです。ただし、その後不動産関係の友人との面談等でやはり
実現が無理ではないかと考えが玉砕されたり何度も挫折を感じることが多くなり
ます。友人からは、マイホーム目的でなければ借金の金利が高い。また、土地を
探す上で多くの不動産営業から言われたのは、「マイホームがないのに...投資用
ですか...」といった「そんな人いませんよぉ」的なものです。ところが低金利時代と
合わせてかつ、出会った営業マンとの関係からそれらの心配事が一気ふっとんで
いくのでした。それはそれであまりのとんとん拍子に土地購入契約の日に一度思
い留まり「延期」を要請した位です。この営業マンは銀行との事も含めて話を進めて
くれましたのでマイホームはないけど僕が抱くイメージの実現に融資してくれる事が
、それもかなり低い金利で受けてもらえる事が具体的になったのです。最もそれは
僕だけが受けられたのではなくそういう「時」だったと思います。タイミングです。
住居用の金利よりは高かったですが公庫よりは低かったし、無理だと思っていた頃
に比べればその金利は当時の半分でした。
(Garage Life7へ続く)

| Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

Garage Life5

(Garage Life4から続く)
土地神話が信じられない。借金はしたくない。等と考えてはいるだけで話が
一向にすすみません。頭の中には色々と建てたい建物のプランは出て来る
のですが....最初に考えていたのは、30坪、約100㎡の土地に成るべく土地
に無駄のないように総3階建ての建物を建てる。その1F部分は駐車スペース
として成るべく多くの車を駐車しようとするものでした。

我が家は、バイクの事故で大怪我をした親戚もあってバイクは、「乗せない」
という空気が漂っていました。車の事故で亡くなった人もいたのですが車に
「乗せない」という空気はありませんでした。子供の頃から「車、車」と乗り物
好きの僕は、鉄道少年になったり飛行機少年になったりしながらも「車」の事
がいつも頭の中にありました。そんな僕も高校生になって周りが免許を取り始
めると早生まれな僕は、その免許がない事、車と関わる交通社会になかなか
入れないことに苛立ちました。そんな理由から「バイク、乗せない」の空気を破
り中型免許Get、一年後に限定解除とバイクの面白さも味わってしまいました。
ということでガレージができたらオフロードバイク1台、ハーレー1台、車はスポ
ーツタイプの車1台、レジャー用のワゴン1台、バイク運搬用等オフロード走破性
の高くバイクの運搬にも使える4x4のピックアップ1台が駐車できることを条件と
していました。現実としてそんなに乗り物を維持できるかは別にして車4、5台の
スペースは確保したいというのが第一条件でした。それも自宅部分の基礎の下
を利用して屋根付き構造にするというものでした。その為には、土地の容積率、
建ぺい率が関係してきます。結果的には60/200以上の土地しか探さなくなり
ます。今もさらに探しているところです。

実際、4、5台を所有できなくても空いたスペースを屋根付き駐車場として貸す
事もできればその収入で借金を軽減できるのではないかと考えたからです。
要するに、自分の家の一部を貸すことで収入を得るということを考え始めます。
でも、この時点ではあくまでも家が主で、駐車場は従でした。結果的には「車」
のスペースが「主」で家はなしというのが現状なのですから随分と考えが変わっ
たものです。これは、色々勉強させてもらったワンルームマンションの営業マン
とのやり取りから、私が意地になった事から始まっています。
(Garage Life6へ続く)

| Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2005

Garage life4

(Garage Life3から続く)
実写版のサンダーバードDVDで見てみました。公開から1年たちますがGarage
ネタで登場してきたサンダーバード実写版とはどんなものでしょ?ってことで....
道具を駆使したストーリーというよりは、トレーシー島(彼らの基地、まさにガレージ?)
に悪党が侵入しそこで子供達との追いかけこがメインだったような。トレーシー島は、
南太平洋のイースター島あたりの設定で海が綺麗でしたがその島の中での悪党と
子供達の追跡劇はそのジャングルのような島の様相からもジュラシックパーク等と
イメージが重なってしまいました。後半ジェットモグラや4号等登場しましたがあっという
間に救出劇は終了してしまった感じがしました。静脈認証システムやら今風の操作系
は時代の流れを反映しています。でも危険エリアはトラテープ(黄色と黒ライン)があり
注意すべきサインは今も健在と思いました。でも自分のガレージにはトラテープ張りま
せん。(笑)最新システムとのバランスで許されると思いますが、自分のガレージで
やるとただの工事現場になりそうです(笑)。2号の出動シーンは、人形劇版を踏襲して
おりヤシの木が倒れて2号が出動していきました。我がGarageにもそれをモチーフに
竣工時にソテツを植えて出動を見守ります(笑)。実写版と書きましたがCG一杯です。
人形劇版に対して実写版ということで書きました^^;。
(Garage Life5へ続く)

TB04

Sotetsux

| Comments (6487) | TrackBack (0)

August 05, 2005

Gagage Life3

(Garage Life2から続く)
秘密基地をどうやって実現するかですが....
普通に考えれば、自分が住む家を建てたついでに「ビルトインガレージ」を作りたいと
いう発想ですよね。83年頃卒業旅行をかねてアメリカを放浪(^^;しはじめたのですが、
西海岸や南部で見る典型的なアーリアメリカンハウスのビルトインガレージに憧れて
いました。当時、TOYOTAの4RUNNERに憧れ86年から乗りはじめるのですが当時の
映画「バックトゥザフューチャー」にもTOYOTAの4X4が納まるビルトインガレージが
出てきてイメージを重ねていたものです。しかし、日本でそれも神奈川近郊でそれを
を実現するには土地代が高くて手が出ないだろうな...ということに気がつきはじめ
ます。一方で時はバブル期。土地神話絶頂の時。「無理してでも土地やマンションを
手に入れればいずれは値段が上がり、インフレ効果も手伝い資産価値としては向上」
といったことが色々な本等に書かれていました。

そんな時期、神奈川の県央地区で寮生活をはじめた私ですが川崎の実家の住み替え
の話(当時の住み替え特例使用を前提)が持ち上がり、私は住むかどうか分からないの
にアメリカンビルトインガレージのイメージを抱いて率先して土地探し、建物のプラン作り
に取り組んだのです。親の家なのに...これはこれでいい勉強になりました。
ただし、自分で1からやろうとすると土地を買うところはじまって...と思ううちに自分
の給料から借金を返すのは大変ですし、土地神話が信じられなかったということもあり
ました。家を手に入れたからと自分の生活レベル落としたくなかったのでそういう借金
はしない方向で考え始めてました。当時「ワンルームマンション経営」もブームで色々
な会社から電話がありました。時間が合えばなるべく会って話しを聞き税金のことなど
色々勉強させてもらいました。
(Garage Life4へ続く)

| Comments (14) | TrackBack (0)

August 01, 2005

Garage Life2

(Garage Life1から続く)
子供の頃、秘密基地をつくって遊んだ経験は男の子なら誰れにもあるかと
思います。防空壕はちょっと怖かったから建物の影やうっそうと茂る木陰に
がらくた集めてスペースをつくりそこを拠点に友達と遊んだものです。なんだ
か分からない電気部品をひろってきては、なんかのスイッチにみたててね....。

当時、よく見ていたのがイギリスの人形劇ドラマの「サンダーバード」。
あそこには基地として色々な機能的な部分、また用途に応じた色々な乗り物
やツールを駆使するといったところが僕のガレージのスタイルにつながるもの
があるのでは?と思うわけです。

もちろん好きだったのはサンダーバード2号でした。
(Garage Life3へ続く)

tb2


| Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧