« 車検整備とユーザー車検 | Main | セミナー受講 »

March 16, 2012

確定申告と採算性

Dsc_0360
確定申告を終えた。リーマン大家として今年の一区切りが終わったわけだが...

2007年、2件目の自宅兼賃貸住宅計画開始に踏み出してからほぼ5年が経過。

この取り組みが、果たしてどう評価すべきかを今一度考えるべき時期である事は間違いないのだ。事業である以上、またそれが目指すべき事へのプロセスであるならば、なおさらしっかりと自分自身に対してレビューすべきはず。

先の金利や為替変動等は、あるアサンプションの元考えてきたわけだが、先の事はどうなるかわからない。
でも、この5年を振り返る必要はあると思っている。また、この先5年位を見たときの見通しは次の一歩を踏み出す為に必要な事だ。

今のこのご時勢に地主でもない、持ち家もない、所有する土地もない普通のサラリーマンが、ガレージ欲しさに始めた事業。バブル時の土地神話は、懐疑的に見ていたものの土地に対する執着心強く持っているのは事実。大ざっぱな皮算用では、○と判断しているがそれは、「最後に土地は残る」計算でしかない。震災等を通して誰もが、物理的なモノに頼らないビジネスモデルが一番のリスク回避であることを確信したはずである。

そして、少子高齢化の中で賃貸住宅の需要の低下が免れない事は、施工会社自身が語り始めている。
もちろん、そうしたリスク回避も自分なりに検討した上での、土地の条件、建物の条件である。

でも、今回の物件は、着工直前の施工会社の倒産で車2台分位、次期計画の完成までの無収入の間の返済に車2台分位ぶっ飛ばしちゃてるから(汗)まあ、プラスと言えるかは、微妙〜それ位取り返したるわ〜とは思いますが....

Dsc_0366
さて、この事業果たしてどうなのか?また次を考える自分は。頭がいかれてしまったのか?そんな良くわからない状態で、こんなイベントに呼ばれて僕が、話をしちゃっていいのでしょうか?(笑)

確定申告も終わり一段落ついたからいいかっ?でも、少し採算性をはじき出してみたほうがEねっ....



« 車検整備とユーザー車検 | Main | セミナー受講 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 車検整備とユーザー車検 | Main | セミナー受講 »