« 筑波ジムカーナとカートチャレンジ | Main | 夏! 槍ヶ岳その後!「スクワット必須」 »

August 03, 2010

槍を目指せっ!

その昔、「山と渓谷」を見ていた頃に比べると、夏の
アルプスは、アウトドア派生型のハイカーでも結構
いけるようだ。「PEAKS」によると...(笑)

今回の目標は、「槍ヶ岳3180m登頂達成!」だった。

決行:7月の最終末で天候により一日遅らせて出発。

Img_0485

アルプスの中では4位となる「槍」であるが1位の北岳
とは13m、北穂高とは10m差などほとんど横並び!

しかし、日本のマッターホルンとも呼ばれる「槍ヶ岳」
は、先端もとがっていかにも「山っ」という感じで頂上
の広さも20畳弱。

っで、上記写真のように天気がよければいいのだが...

1日目     天気は晴れ   8:40上高地を出発!

Img_0268_2
装備は、雨具や着替えを中心に「deuter」の36Lのザック
につめ、手袋、ブーツカバー、トレッキングポールを装備。

Img_0272
梓川沿いに緩やかに高度を上げる。

Sany00470042
途中の水の綺麗さとそれをとりまく美しい景色。

Img_0320
13:58  1日目のゴールとした山小屋に到着

17:30 夕食をとり 20:30消灯

2日目 朝曇り 5:00起床 5:45出発。

Img_0332

Sany00640058

Sany00710064

やや険しい部分もあるものの意外と穏やかなルート。
天気も曇りで日差しが強くない分、楽だとは思ったが..

Sany00840076

Sany00850077

Sany00870078
雪渓が、あるのは事前情報でキャッチ。山小屋には
「アイゼンの必要性はなし!」と確認していたが......

Sany00920083
霧の中で見渡す雪渓は、どこまでも続く感じ......

「もし、滑落したら....」と身が引き締まるっ!

Sany00940085

傾斜角度が厳しくなると、あと1kmもかなり辛い....
この時点では、霧と小雨状態の中をひたすら登る。

Sany01300121
山頂未確認のまま、山頂手前100mの山小屋へ
(写真は、山頂からの下山時に撮影)

Sany01080099
到着時刻は10:00。撮影で済ます登頂証明書(笑)。

Sany01040095
山頂登頂を見送り昼食をとっていると外では「うぉ~」と...
外に飛び出すと一瞬霧が晴れて山頂が顔を出している。

「しっ、しか~し」その頃から、頭痛と悪寒で熱っぽい。
翌日の天気予報は「晴れ」。登頂をあきらめ就寝決定。

Sany01160107
夕方16:30頃、小屋の外から「見えるよ、見えるよ」
と目を覚ましみると...雲はややあるものの良く見える。

頭痛なし!悪寒なし!熱微妙!だけど、決行を決定。

Sany01220113
ここからは、4足歩行(?)で登り始める。楽しい!

Sany01270118

Sany01310122

Sany01360127
この梯子を上りきれば山頂!だと思うと緊張する。

Sany01390129
山頂到着!!「やった~!!」って山頂狭っ!!!!

Sany01590146
北アルプスの山々が見渡せる(雲に隠れてるけど)

奥穂高等見渡せ、ジャンダルムが見え隠れ??

Img_03942_2
記念撮影!高位置から撮ってもらえば臨場感あった?


自分の動画は、今一だったので人様動画にリンクm(_ _)m

山小屋へ下山後は、登頂の感動を噛み締め景色を堪能。

Sany01750161
ワインとビールとつまみと馬鹿話を楽しみ、8時就寝。

Img_0426
4時起床、外を見ると暗闇のあのルートを登っちゅう!

Img_0444
外に飛び出しご来光っ!ご来光っ!。綺麗!綺麗!
6:00過ぎには、cafeお楽しみ後、下山開始だ~

Img_0486

Img_0504
今日は、天気がいいので「槍」を見上げながらの下山。

どんどん高度が下がる。「もったいない気」も感じつつ、
良く見える雪渓を楽しみながら?ポール使用4足歩行。

Img_0562
昼には、1615mの横尾山荘まで高度を落として昼食。

Img_0574
後半のゆるい下りでは、かなり足に負担が発生したが
「ダウンヒルハイ?!」状態で一気に下山。

写真もとらず(笑)、予約していたタクシーに転がり込み、
「マイカー規制」で沢渡の駐車場に一気に戻り下山完了。

Img_0593
近所の温泉に入り、諏訪サービスエリアでアルコール、
夕食補給を行い、車中で就寝(談合坂から渋滞回避)。

夜中に目を覚まして見てもまだ渋滞。談合坂に移動す
るも26時過ぎ出発、27時30分帰還!

昨日で夏休みは終了、今日は会社、9:00には出社!
山小屋、車中共に十分寝てたのですっきりとした朝だ!

「ヤリましたっ!」scissors


« 筑波ジムカーナとカートチャレンジ | Main | 夏! 槍ヶ岳その後!「スクワット必須」 »

Comments

>kobackさん

ありがとうございます。お久しぶりですね!

アクティブに対応できる体力を身につけないと...
ヘルニア再発で難儀してます(汗)

男のロマンです!(笑)

Posted by: ao | August 10, 2010 at 07:55 AM

登頂おめでとうございます!
すげー、今年の夏はアクティブですね〜
雪渓とかマジで危険そうですね。
aoさんは命がけの趣味が多いなー(爆)

Posted by: kobak | August 09, 2010 at 11:16 PM

〉isaちゃん

踊りはギロッポンで(笑)
気持ち良かったよ~good

Posted by: ao | August 09, 2010 at 07:09 PM

〉yazさん

登山は昔から少しはやったし
興味持ってはいたけど趣味じゃないのよ…(笑)

いつもエンジン付きばかりだからさ…
ただのチャレンジなんですgood

Posted by: ao | August 09, 2010 at 07:00 PM

すっごいね~
当然、小槍の上で踊ったんでしょう ?(笑)

Posted by: isaho | August 09, 2010 at 06:25 PM

すげえ、すげぇ~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
オイラにはきっと生涯出来ないだろうと思うよ…f^_^;)
自分も登ってるつもりで読んだっす。
なかなかすごい趣味ですわ!
山を征服した時は何とも言えない気持ち良さ
なんでしょう d(^_^o)

Posted by: yazoo | August 09, 2010 at 02:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 筑波ジムカーナとカートチャレンジ | Main | 夏! 槍ヶ岳その後!「スクワット必須」 »