« 24シーズンⅣ | Main | ブランディング »

September 15, 2005

Garage Life5

(Garage Life4から続く)
土地神話が信じられない。借金はしたくない。等と考えてはいるだけで話が
一向にすすみません。頭の中には色々と建てたい建物のプランは出て来る
のですが....最初に考えていたのは、30坪、約100㎡の土地に成るべく土地
に無駄のないように総3階建ての建物を建てる。その1F部分は駐車スペース
として成るべく多くの車を駐車しようとするものでした。

我が家は、バイクの事故で大怪我をした親戚もあってバイクは、「乗せない」
という空気が漂っていました。車の事故で亡くなった人もいたのですが車に
「乗せない」という空気はありませんでした。子供の頃から「車、車」と乗り物
好きの僕は、鉄道少年になったり飛行機少年になったりしながらも「車」の事
がいつも頭の中にありました。そんな僕も高校生になって周りが免許を取り始
めると早生まれな僕は、その免許がない事、車と関わる交通社会になかなか
入れないことに苛立ちました。そんな理由から「バイク、乗せない」の空気を破
り中型免許Get、一年後に限定解除とバイクの面白さも味わってしまいました。
ということでガレージができたらオフロードバイク1台、ハーレー1台、車はスポ
ーツタイプの車1台、レジャー用のワゴン1台、バイク運搬用等オフロード走破性
の高くバイクの運搬にも使える4x4のピックアップ1台が駐車できることを条件と
していました。現実としてそんなに乗り物を維持できるかは別にして車4、5台の
スペースは確保したいというのが第一条件でした。それも自宅部分の基礎の下
を利用して屋根付き構造にするというものでした。その為には、土地の容積率、
建ぺい率が関係してきます。結果的には60/200以上の土地しか探さなくなり
ます。今もさらに探しているところです。

実際、4、5台を所有できなくても空いたスペースを屋根付き駐車場として貸す
事もできればその収入で借金を軽減できるのではないかと考えたからです。
要するに、自分の家の一部を貸すことで収入を得るということを考え始めます。
でも、この時点ではあくまでも家が主で、駐車場は従でした。結果的には「車」
のスペースが「主」で家はなしというのが現状なのですから随分と考えが変わっ
たものです。これは、色々勉強させてもらったワンルームマンションの営業マン
とのやり取りから、私が意地になった事から始まっています。
(Garage Life6へ続く)


« 24シーズンⅣ | Main | ブランディング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54594/5919138

Listed below are links to weblogs that reference Garage Life5:

« 24シーズンⅣ | Main | ブランディング »