« June 2005 | Main | August 2005 »

July 27, 2005

Garage Life1

今だに住む家は借家ですが、どうやって車、バイクいじりのスペースを
手に入れたのかについて少しずつ書いて見ようかなと思っています。

土地購入、建築資金等ほとんど貯えもないところから土地を購入して自分の
車やバイクを保管して、それを眺めて過ごせるリビング(笑)つきのスペースを
GET。

結果的には別用途用の貯金を使いはたして(^^;)しまいましたが、

そんなことを書けるときに書いてみます。
(Garage Life2へ続く)

| Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2005

TVが見れる、FMが聞ける

携帯電話の機種変更しました。
25ヶ月以上変更なしという久々の長期使用だったのですがバッテリーも
弱ってきたしデータ操作のできるものが欲しかったのです。今までのもの
は、メディアがないのでデータの取り出しが面倒だったんです。
もっとも期待しているのは、TVが見れたり、FMが聞けたり。先日の地震
のあとに原宿のDESIGNING STUDIOに行って実機を操作していたのです
が地震情報もTVを通してGETでき、そのまま即購入を決意してました。^^;
W32SAです。SANYO製です。CACIOからの機種変更ですから若干操作
感がことなりGAPを感じていますが、すぐになれるレベルの違いと思います。

| Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2005

HDのユーザビリティ

Harelyに乗っていて何がとまどうかって?ウインカー操作に関するユーザビリティです。
左方向点燈SWはハンドル左、右方向点燈SWはハンドル右に配置されています。
普通に考えれば、「なんと直感的な配置!」ということになりますが、これが日本で
乗るにはちと事情が違うようです。国産のバイクはハンドル左側に左右のコントロール
が集約されていて左手(左親指)で操作します。なんでだろ?なんですが....
私が思うには、まだ点燈するときはいいんです。問題は消灯時だったりします。
どちらかというと戻すタイミングに操作しにくいんです。ウインカーは動作の3秒前、でっ
実行。このタイミングを守っていれば点燈時は問題ないと思います。進路変更後は
加速していることが多く、右手のスロットル操作とウインカー消灯の作業が両立できない
事が多くあると感じます。今は慣れましたしその操作が可能な運転を心がけています。
「アメリカで頻繁に進路変更するシーンもないんだろうな....」やはり日本固有の事情?
と思ったりします。こういうのユーザビリティ上はどう判断しようかな?ということで「水道
の蛇口のレバーの方向についての問題等(直感的には下出る、上止まる)」と比較して
みたりしたがちょっと事情が違うか....と一人ごとを書いてみました。
でも、こんな商品でているんだから「馴染めない人」いるんだな~私は国産のバイクも
乗りますがもう自然と使い分けています。

メーカーのコメントはここにでていますが「国産バイクからの乗り換えでも、頭がグチャ
グチャにならずに違和感なくシーソー操作ができます。」ということです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

インカム

タンデムや並走時の会話をする装備として今検討しているものがあります。
仕事で使えそうでもあるんですが、ワイヤレスのものとなるとmoto Fizzが
気になります。ジムカーナ場でも使えそうな気がします。
2ちゃん等での評判は60km/h以上は聞き取りにくいらしいです。さて、どう
しようかな?
もっとも、一人一台もち仲間も同じくトランシーバー使用でいくのならそちらの
ほうが性能は保証されていますが、免許や導入コストの問題もあります。

incom1

| Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2005

スプリングコンプレッサー

NB足ですが、スプリングが上手く縮めることができないと書きましたが、
エアーツールで締め付けると今持っているスプリングコンプレッサーだと
接点が一箇所なのでずれちゃうんですよね。(スプリングは斜なので...)
左側の写真が現状所有のもの。右側の写真のものであれば接点2箇所
なのでずれも少ないと思います。それと2本だけでなく2本以上を組み合
わせることで作業効率もあがると思います。今右側の工具到着待ちです。
左側の工具買ったときの半分の値段でネットで買いました。

gonflower-img256x128-1068210640hgjg_nig

600x490-2004080901018

| Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

NB足

以前より入手していた中古のNB足を組みます。
Roardsterには初代のNAと2代目NB、そして今日本発売待ちのNCと形式が変わって
きましたが、NAとNBは共通部分が多く進化した形なので部品互換性が高いのです。
NB用が2セットあるので(ノーマルとビルシュタイン)それらをアッシーで持っていてNA
につけたりローダウンのスプリングを組んだものと入れ替えたりと色々と試してみようと
いうわけです。
1セットは、ノーマル足スプリングはF黄緑、R紫のものです。(ペイントで印あり)
バラバラだったのでスプリングを縮めてアッパーまで組んだ4本1セットを2セット組ます。
もう1セットはNBビル足スプリングはF青、R灰のものです。
これは、車高を落としてみようと思うのでダウンサス(スプリング)を組む予定です。
アッシーで2セット、これをNB1とNAにも組んで見て様子を見てみます。さてそんなに
とっかえひっかえやるか?ってたぶんその違いがわかるほど感性高くないかもです。
それにしても足はどっちが前か後ろかよくわからないです。実車があるからこそ確認
できますが.....Fのショックは足元が長い方、Rのショックは足元短い方です。ここに書く
のも備忘録代わりです。^^;今作業中ですが少しめげてます。今日のところは諦める
かもしれません。スプリングが上手く縮められないのです。安物スプリングコンプレッサ
は上手くバランスよく両サイドからしめていかないとずれちゃうんですよね。もう1個あれ
ば上手くいくんですが....

| Comments (0) | TrackBack (0)

祝!Tspace1周年!

7月17日、早いものでTspaceの竣工から丁度1年です。パチパチV(^o^)V
まだ、自分のスペースがこれだっ!ってとこまで整理整頓及び改良できていないのが
悩みですが....前からそうですが、ガレージ内の物の収納が課題なんです。
夏休みに不要な部品はオークションで売りさばく予定です。
ガレージ内ではシャッターをバックに写真を撮るとガレージのハードな印象と整理整頓
のできていない部分が写らずシンプルな写真が取れることを学習しました。

Tsp1y1

hdingarage1


| Comments (0) | TrackBack (0)

HDの5000Km

7月16日横浜環状2号線上で走行距離が5000kmを超えました。
HDは5000kmまで慣らしが必要というお話もありますが、回転計ないので
振動発生が激しくなる前にシフトチェンジというのが基本でした。今後も同
じような乗り方であまりかわらない感じだと思います。
鎌倉、逗子を回って金沢八景から16号→357号で北上してパシフィコ横浜
に向かいました。「ハーレーファミリーEXPO」によって色々なモデルを一同
にチェック!883Lなんか軽快な感じでよかったなぁ。(軽いだけか..)
シート高低い自分のソフテイルは、重心が低い分重いんだろうか?
バイクを垂直に起こすときの重さが自分のと比べて展示車は、どれも車体
が軽く感じました。ファットボーイでもです。(涙)(ガスが入ってないとか?)

Lowrider'77styleや'79styleのカスタムモデルはそそられました。
限定解除したきっかけが'77modelを見たのがきっかけでいたからね......(古)

050716_HD5020


| Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2005

FXSTのカスタム

更新のペースを少しあげましょう。購入価格からも手軽に使用できる
デジカメを手に入れたのでもっと写真を撮って更新しようと思っていた
のですが....画像処理ソフトの入ったPCが手元にないもので....

さてハーレーですが、ハンドル周りやってます。U.S.Aで購入してきた
Partsの第二弾!ハンドルコントロール周りのクローム化とハンドルの
交換です。ドラックバータイプにしたかったのです。が、ナイトレに試乗
した時にやっぱり遠かったです。ライザーの長いのとの組み合わせを
検討していましたが、ライザー部分込み?っていうんでしょうか?純正
では「ストリートラマーバー」というタイプのもの。ロードボンバー製です。
ウインカーも小型の物に変更しました。リアは右ストック、左変更後。
レバー交換ができなかったのでブレーキマスターシリンダー部、クラッチ
レバーベース部はまだクローム化できてません。

st

front1

rear


| Comments (22) | TrackBack (0)

Alfa Romeo 159

今ハーレーに乗っている位だからアメリカ物は好きなんです。車はいつか'60代
のマッスルカーを手に入れようと思っています。
でも、普段の足であることも考えると機能的にも造形的にも環境的にも現代に
適合したものも欲しいわけです。

そういうカテゴリーの中では、ポルシェやBMW等のドイツ系の車に食指が動く事
も多いです。造形的にイタリア車が挙げられますが、比較的ディテールな部分で
よくもあり、受け入れられない部分もありといったところでいつもは候補から落ち
ています。候補といっても妄想の中の話です^^;

ところが今年3月ジュネーブショーで披露された「アルファ159」は直感的にそそられ
ました。もともと156も気にはなっていました特に後期型。でも159はイタリア車に感
じるいつもの感じがなく気に入っています。
シルバーなそれのソリッド感が僕の印象をよくしているんですが、色違いのワイン
レッド色
のものは、また別の魅力をだしています。

今のRVばやりの時代にセダンにのる贅沢みたいなものにもあこがれますが、この
造形でオープンモデルがあればかなり本気で考えます。そんなことを考えたりも
しています。最近....(これまた妄想の中の話ですが...)

試乗記がでています。やはりドイツ車意識してますね。そのままはまった僕なのです。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »